事業内容

現在、有限会社タカ電アキタでは電気設備工事と制御・計装設備工事の分野において日本全国、様々な地域の方々にご依頼をいただき、数多く設計、施工をさせていただきました。ここではその事業の詳しい中身をご紹介いたします。

電気設備工事

現在、私たちの暮らしの中で「電気」はかかせない存在となっております。朝起きてから、夜寝るまでに電気と関わらない人はそういないと思います。有限会社タカ電アキタでは、日々「電気」と共に生活している皆さんがより安全に、より安心して「電気」を使っていただけるように一つ一つの作業に丁寧さを求め、工事を行っております。「電気」が身近にある暮らしの影には私たちのような人たちがいるのだと感じていただければと思います。

計装設備工事

「計装」とは「計」器を「装」備する、という意味で温度や圧力などを計測して制御する装置を備える事を意味します。制御する機器を、いかに安全に動かし安定した機器の動作を確保出来るかが計装工事のテーマだと考えております。

制御設備工事

機器を正常かつ安全に稼動させるには制御盤というものが必要になります。「制御」と聞くと何かを抑制しているイメージがありますが、ここでは「コントロール」の意を持ちます。どのような条件の時、どのような動きをさせると言うように機器を動かすための頭脳の役割、それがなければ機器は動きません。この制御盤から作りこみを行い、その後試運転調整を行い、計装設備工事へと動き出します。